作業者

災害の多い国に住む|地盤調査をして安心をゲット

費用を確認する

家を建てる前に地盤調査をしておきましょう。地盤が弱い場合には改善する必要があります。工事費がかかるので、予算を組んでおきましょう。地盤調査そのものはそれほど費用がかかりません。改善のための工事費の方がかかります。

地盤の調査をしてもらう

地盤調査を行う場合には、地盤改良工事を行う会社と別の会社に依頼することが重要です。一般的には、ハウスメーカーが中心になって、地盤調査から地盤改良まで行うことが多いですが、別々の会社に依頼するほうが適切な対応が期待できます。

中立的な業者を選ぶ

住宅建築をする場合には地盤調査を行ってくれる会社選び方が重要です。日本では地震が多く発生するため、きちんとした調査が必要となります。中立的な地盤調査会社を選ぶことで、適切な地盤改良工事を示してもらうことができます。その結果、無駄な費用を抑制できるのです。

住宅を安心して建てる

地盤調査

住宅を建築する場合に最も注意しなければならないのが地盤の強度です。しっかりとした地盤に建てないと、建築後に地盤沈下が生じて建物に亀裂が入ったり、床が傾いたりということになりかねません。傾いた住宅の維持補修は簡単ではありませんし、住宅を建てた後に地盤を補強するのも大変です。そうならないためにも、建物を建てる前にしっかりと地盤調査を行っておくことが必要です。地盤調査を行ったうえで、適切な工法の地盤改良工事を行えば、住宅の建築ができないような土地はありません。地盤の強度をしっかりと調査することが重要なのです。主な地盤調査の方法としては、スウェーデン式サウンディング試験があります。比較的安価で行えますし、時間的にも短時間で調査することができるため、住宅建築においては非常に一般的な方法です。ただし、それほど精度は高くないため、軟弱な地盤であることがわかっている場合には、直接地質を調査することができるボーリング調査がおすすめです。適切な地盤調査を行うことで地盤改良工事の方法を検討することができますので、地盤調査の業者と地場改良工事を行う業者は別にすることが重要です。調査を行う業者には調査だけを行ってもらい、地盤改良工事が適切に行われるかどうかをチェックしてもらうことで、安心して住宅を建てることができます。地盤改良工事には百万円を超えるような費用が掛かる場合もありますので、工事が必要かどうかはよく検討しなければなりません。