作業員

災害の多い国に住む|地盤調査をして安心をゲット

地盤の調査をしてもらう

工事現場

新築住宅を建築する場合には地盤の強度をチェックすることが重要になります。地盤の強度は一つ一つの画地によって異なりますので、隣接地の地盤が良好だったからと言って、こちらの地盤も良好とは限りません。一般的に、切土をしている画地の地盤は強固ですが、盛土をしている地盤は軟弱な場合が多く、切土の土地と盛土の土地が隣り合っていることもあります。そのため、隣同士の土地で地盤の強度が違っているということも少なくないのです。しかし、地盤調査の結果、地盤の強度が弱くても、適切な地盤改良工事を行えば、問題なく住宅を建築することができます。ただ、地盤改良工事には費用が掛かりますので、適切な地盤調査を行って、必要な地盤改良工事を行うことが重要です。地盤調査や地盤改良工事をまとめてハウスメーカーの関連会社が行うことも少なくありませんが、地盤調査に関しては第三者に依頼することが重要です。地盤調査の結果をもとにして、どのような地盤改良工事が適切なのか、それとも地盤改良工事の必要がないのかを判断することになりますので、調査会社と地盤改良を行う会社が同じ場合には適切な対応がなされない恐れがあります。ハウスメーカーが中心になって地盤調査から地盤改良までを行うことが多いですが、別々にしたほうが費用的にも抑えることができる場合があります。日本の場合には必要以上に地盤の強度を高める傾向にありますので、調査結果を踏まえて適切な対応を検討することが重要です。